今度は優良サイトを見極めていくための定義を自分なりに考えていきます。
まず最も考えられるのは利用者が多いということではないでしょうか。
利用者が多いということはそれだけ多くの人に支持されているということになるのだろうと思います。

 

出会い系サイトで人気となっているランキングを見てみるとどうやらどこでも挙がっている名前はほとんど同じでした。
その出会い系サイトを見てみると会員数が非常に多いということがわかります。
会員数を公表しているところがほとんどで、300万人というのが一つの目安になるのかなと感じました。

 

実際にその300万人全員が稼働しているかといえばけっしてそうではないでしょう。
しかし、自分が出会いたいと思っている相手がその数であれば可能ではないかという気がします。
例えば28歳の若輩者である筆者が、人妻や熟女と出会うことも不可能ではない気がするわけです。

 

ただしよくよく見てみると自分の住んでいる地域によっても利用者数のばらつきがあることがわかります。
筆者は都会に住んでいるわけではないのでかなり人数も少なくなるでしょう。
300万人という登録者の中から、実際に今でも稼働している人が3分の1程度だったとしても100万人。
そしてその3分の1が都会に住んでいたとしても残りは70万人。
それを全国の主要都市にさらに分けると筆者の住んでいる場所では利用者はかなり少なくなるかとは思いますが、それでもほかの出会い系サイトの利用者数から考えると確率はある方でしょう。